konai1229’s blog

仙厓さんが好きな人の日記帳

仙厓めぐり・初めての福岡編4(金印と三宅資料)

 九州国立博物館白隠さんと仙厓さん』に合わせての九州旅行日記。

 

仙厓めぐり・初めての福岡編1(九州上陸) - konai1229’s blog

仙厓めぐり・初めての福岡編2(聖福寺と出光と石村) - konai1229’s blog

仙厓めぐり・初めての福岡編3(『白隠さんと仙厓さん』展と太宰府) - konai1229’s blog

 

4日目(福岡市博物館・福岡市総合図書館)

 

 最終日は国宝金印を擁する福岡市博物館へ。金印と仙厓さんにも接点はあるんですよ。

 そのあとは飛行機の時間までぶらぶら仕様と思っていたのですが、何気なく入った福岡市総合図書館で意外な出会いが…。

 

▼滞在中の日課・仙厓さんのお墓参りも今日で最期。お別れをいって出発!

f:id:konai1229:20180808183153j:plain

 

▼目的地へ行く前にまた石村萬盛堂須崎本店に寄り、お土産を買う。

f:id:konai1229:20180808183342j:plain

 買ったのはもちろん仙厓さんもなかと仙厓さんせんべい。包装を待っている間にいただいた鶴乃子、ふわふわで美味し~い。

 

福岡市博物館。周囲には刀剣女子の姿がちらほらと。

f:id:konai1229:20180808183534j:plain

 

▼国宝金印。

f:id:konai1229:20180808183634j:plain

f:id:konai1229:20180808183657j:plain

 この金印が捺印された紙に、仙厓さんの揮毫が残っているそうです(たぶん個人蔵)。そこには発見者は『秀治』『喜平』だと書かれており、発見時の報告書(口上書)に書かれた甚兵衛の名は無い。

 仙厓研究家の三宅酒壷洞氏の著書『博多と仙厓』には、金印は表向きには甚兵衛が見つけたことになっているが、仙厓さんが志賀島を訪れたときにはまだ金印発見時の住人が存命中であり、仙厓さんに頼んで本当の発見者の名前を書いてもらったのでは?とある。

 

▼パネルに仙厓和尚の名前があるだけでニヤける人。

f:id:konai1229:20180808184309j:plain

 

▼新収蔵品展にあった富田渓仙の掛け軸。

f:id:konai1229:20180808185522j:plain

f:id:konai1229:20180808185529j:plain

 仙厓さんと博多の人々との交流エピソードに、素麺屋の富田久右衛門、通称素久さんという人物が出てくる。

 ある日、仕事着のまま仙厓さんの元へおやつを届けに来た素久さん。服は素麺の粉がたくさんついて汚れている。その姿を見た仙厓さんは一度奥へ引っ込み、しっかりと法衣と袈裟を身につけて出てきた。素久さんは「和尚さん、そんなに丁寧にされてはいたみいります」と面喰った。仙厓さんはそれに対し「お前さんが商売道具を着ていなさるのにわしが商売道具の法衣を着ないですむものか」と言った。

 という、町人たちと対等に接する仙厓さんの人柄を伝えるエピソード。

 この素久さんの孫が、上記の富田渓仙です。渓仙は狩野派出身の画家ですが、仙厓さんに傾倒し保存活動にも精力的だったそうです。聖福寺山門の天井画も手掛けています。

 

▼デジタル資料にも仙厓さん。

f:id:konai1229:20180808191304j:plain

 

ミュージアムショップで見つけた謎の仙厓画(印刷)

f:id:konai1229:20180808192231j:plain

 レジカウンターの脇のダンボールの上に、無造作に置かれたファイルに『仙厓』の文字を発見。けっこう年季の入ったファイルの中にはサイズまちまちの仙厓作品がいっぱい!

 レジのお姉さんに聞いても「いつからあるかわからない」だそうで、由来が謎だったけどとりあえず全部買いました。タイトルがわからなくなってしまうので、一言ことわってカウンターの隅でファイルからタイトルをメモる。

 全部照会したわけではないけど、石村コレクションのものが多いっぽい。

 一番手前にある作品にべったりついた手形、これ仙厓さんの手形なんですって。うわー興奮しちゃうー!弟子の湛元さんに送ったものの包み紙…だったかな?

 

▼この後、博物館内にある読書室で、「聖福寺史」をパラパラめくったり仙厓さん関連で何かないかな~と物色していたとき、思い出した。

 

▼隣に図書館があるなぁ…。(写真左が福岡市総合図書館)

f:id:konai1229:20180808192804j:plain

  という訳で、時間も余裕があったので図書館をすこし覗いてみたら…

 仙厓研究の第一人者(と私は思っている)、三宅酒壷洞氏の寄贈した仙厓資料がぜんぶあるーーーー!!!

 ええ…。すごい…。仙厓さんについて調べた手描きのノートがたくさん…。今この記事を書くのにとても重宝している『博多と仙厓』にまとめられている情報の元が、棚いっぱいに溢れている…。

 手描き資料など貴重なものは鍵がかかっていますが、司書さんにお願いしたら見せてもらえます。これはすごい。

 さすがに全部手に取る時間は無さ過ぎる(何日かかるよ…)ので少しだけにしましたが、いつかじっくり見に来たいですね。

 

▼帰る前に、福岡タワーから福岡・博多の街にお別れを。

f:id:konai1229:20180808194200j:plain

 

百道浜の海がめちゃくちゃ綺麗で感動した。

f:id:konai1229:20180808194150j:plain

 

▼初めての福岡旅行、得るものの大きいとても楽しい旅でした。

 本当は、仙厓さん関係の聖地巡礼は仙厓さんの生まれた岐阜からスタートして時系列順に神奈川(修行時代)~東北(行脚)~福岡(定住)てな感じに行きたかったんですが、衝動にまかせて先に博多に行ってしまったのでもう気にしないことにします。

 

【おわり】

 

仙厓めぐり・初めての福岡編3(『白隠さんと仙厓さん』展と太宰府)

 九州国立博物館白隠さんと仙厓さん』に合わせての九州旅行日記。

 

仙厓めぐり・初めての福岡編1(九州上陸) - konai1229’s blog

仙厓めぐり・初めての福岡編2(聖福寺と出光と石村) - konai1229’s blog

 

3日目(九州国立博物館~都府楼跡)

 出発前に仙厓さんのお墓に挨拶をして、いざ太宰府へ。

 この日は本旅行のメインイベント・九州国立博物館で開催された『白隠さんと仙厓さん』を観にいきました。

 

西鉄太宰府駅を降りるとドーン!

f:id:konai1229:20180808153318j:plain

 テンションが上がらないわけがない。

 お正月三ヶ日の間に来館した人は記念の手拭いが貰えたそうです。す~~~っごく欲しかったけど、正月は無理でした…。

 

▼どんより天気の太宰府天満宮参道。街灯には展覧会のタペストリーが。

f:id:konai1229:20180808153750j:plain

 

▼参道には九州国立博物館ミュージアムショップがあります。

f:id:konai1229:20180808153934j:plain

 吸い寄せられて入ってみましたが、仙厓さんのオリジナルグッズは無かった。九博の帰りに、トートバッグや針聞書マステ、銅鐸キーホルダー等を買いました。

 こんな風に博物館の外にショップがあるのは面白いですね。そういえばトーハクも門扉の所にありますね。

 

九州国立博物館

f:id:konai1229:20180808154535j:plain

 なにげに九博が出来た時からずっと行きたいなぁと思いつつも九州の遠さに尻込みしていて、十数年越しにやっと叶いました。ありがとう仙厓さん、きっかけと勢いって大事。

 

▼し、心臓がバクバクいう…。

f:id:konai1229:20180808154757j:plain

 展示室内は撮影禁止でしたので、文章だけで。

 

▼『白隠さんと仙厓さん』は文化交流展(常設展)の一角にある小部屋で開催されていました。展示物自体は少なく、全部で28点。うち仙厓さんは16点で、すべて聖福寺(幻住庵)蔵のもの。

 

▼入って最初は白隠さんコーナーですが、まずその圧倒的存在感。高さ104センチの頂相彫刻に表わされた白隠さんの目ヂカラたるや…。さすが日本臨済禅中興の祖といわれるだけあります。正直怖いです。

 白隠さんと仙厓さんはよくセットで語られますが、歳の差がかなりあるので(仙厓さんのが65歳下)直接の面識は無かったと思われます。

 白隠さんと同世代の禅僧に古月禅材という人がいて、「西の古月、東の白隠」と並び称されていました。仙厓さんはこの古月派に属するといわれています(諸説あり)。

 

▼今回の『白隠さんと仙厓さん』展にはその古月禅材の頂相も展示されていました。

 古月さんは日向(宮崎)出身の禅僧で、数多くの弟子の中から優秀な禅僧を排出しました。その中のあれやこれやの繋がりのなかに仙厓さんの師となった空印円虚、月船禅慧が居り、仙厓さんが美濃から武州へ、そして博多にたどり着くに至る縁となりました。たぶん。

 

▼仙厓さんコーナーにも、頂相彫刻が展示されていました。…が、そのスケールは白隠さんの約1/5、ちんまりと椅子に座って、ちょっと眩しそうな(?)ショボショボした目つきの痩せた老僧のすがた…。

 この像は仙厓さんが亡くなる1か月前に陶工・正木宗七幸弘が写し取った最後の姿だそうです。 白隠さんの峻厳ド迫力とは対極にあるような優しげな小さな像に、涙がちょちょ切れる仙厓ヲタクでした。

 

▼その次は仙厓作品の中で最大の傑作・寒山拾得豊干禅師図屏風がドーン。他には欠伸布袋図などいつもの仙厓タッチの絵が数点。筥崎の玉せせりや歌舞伎、お相撲の絵などを見ていると、虚白院隠棲後の仙厓さんの楽しそうな日々を想像してこちらも楽しくなります。

 

▼最後は聖福寺に伝わる仙厓さん遺愛の品。

 一生を黒衣で過ごしたといわれる仙厓さんがまさに実際に着ていたという黒衣と袈裟、挂杖、念珠、硯。

 私がこの中で特に仙厓さんの存在を感じられたのは挂杖。長さは166.5cmの杖ですが、小柄だったといわれる仙厓さんはこの杖よりも小さかった(推定150cm)そうな…。小さい…か…可愛い…(末期)

 

▼遺愛の品に囲まれた最期の言葉『遺偈』でおわり。

 仙厓さんは死の間際に「死にとうない」と弟子たちに言い、もっとマトモな最後の言葉をくれ!といわれてさらに「ほんまに、ほんまに」と言ったというエピソードがありますが、マトモな言葉もちゃんと残されています。(死にとうないは本当に言ったんでしょうか??)

 仙厓さんの遺偈について、解釈は色々あるみたいですが

『たどり着いた場所に立ってやっとその場所の事を知る。その場所を去るときにやっとその場所の事を知る。崖にしがみついてぶら下がってみてもその下がどうなっているかは霞んでいてわからない。わかるのはその手を離した時だけ』

 死んだ後のことなんて死んでみないとわかんな~い!

 と超意訳して私は読みます。もっと深い読み方があるとは思いますが、難しくてよくわからないので。割と投げやりで刹那的な感じが仙厓さんぽいかな?と思っています。

 

▼展示自体は少ないのですぐ見終ったのですが、しばらく仙厓さんの陶像のそばで座ってボーっとしていました。

 ちなみに私が仙厓さんの名前を初めて知ったきっかけの『南泉斬猫図』(聖福寺蔵)は無かった。またいつかあいまみえたい…。

 

▼九博の後はレンタサイクルを借りて周辺を巡りました。

f:id:konai1229:20180808174508j:plain

 太宰府のレンタサイクルの良い所は、スマホ取り付けが出来ること。見知らぬ土地ではナビ必須ですからね。

 最初に観世音寺に向かったのですがそれは割愛して(宝蔵すンごかった)、そのすぐ隣の戒壇院へ。

 

戒壇院。筑紫戒壇院、西戒壇とも。

f:id:konai1229:20180808175023j:plain

 戒壇院は、元は観世音寺の一部でしたが江戸時代に博多聖福寺の末寺になりました。

 

▼ここへきて今回の旅行で最初の青空を見た。

f:id:konai1229:20180808175049j:plain

 訪れた当時は全く考えてなかったんですが(頭に知識が入ってなかった)、仙厓さんの東輝庵時代の先輩僧・太室玄昭がこの戒壇院の住職をつとめていた事がありました。その当時、聖福寺の次の住職を誰にするかと問題になっていたところを太室和尚が「ウチの義梵おすすめ!」と(言ったかどうかは別として)推薦したことがきっかけで、仙厓さんは博多にやってきたんですね。

 無意識に仙厓さんゆかりの地をひとつ制覇していた。嬉しい。

 

▼都府楼 こと大宰府政庁跡

f:id:konai1229:20180808180124j:plain

f:id:konai1229:20180808180307j:plain

 仙厓さんの絵にも登場する都府楼。がらんとして何もないですが整備はされていて綺麗な原っぱになっています。

 江戸時代はもっと荒れていたのでは…?仙厓さんは当時の都府楼の様子をこう詠みました。

あれはてし西の都に来てみれば 観世音寺の実相の鐘』

 …荒れ果てていたんですね。

 

▼併設の大宰府展示館。

f:id:konai1229:20180808180249j:plain

 ここまで来ておいて酷い事ですが、大宰府についてびっくりするほど何も知らなかったので、隣にある大宰府展示館でちょっとお勉強しました。

 なるほど、外務省的なやつだったんですね。なんとか人並みには理解しました。

 

大宰府展示館で解説をして下さった係の方のおかげで水城にも興味が出たので、このあと水城東門跡まで行き水城館も見学しました。地の利を生かした街づくりのはなし、とてもおもしろいですね。

 

(本当は竈門神社と宝満山にも行きたかったけど時間が無かったし、山登りなんてとてもじゃないけど出来ないスケジュール(と体力)だったので諦め。)

 

 

【最終日へ】

仙厓めぐり・初めての福岡編4(金印と三宅資料) - konai1229’s blog

仙厓めぐり・初めての福岡編2(聖福寺と出光と石村)

 九州国立博物館白隠さんと仙厓さん』に合わせての九州旅行日記。

 

仙厓めぐり・初めての福岡編1(九州上陸) - konai1229’s blog

 

2日目(門司・出光美術館へ)

 この日の目的地は門司にある出光美術館。この時の特別展は『唐物と茶の湯』で仙厓のせの字もありませんが、もしかしたら何かどさくさに紛れて仙厓さんの何かが展示されてないかな?という興味の為。

 先に結論を書いてしまいますが、特に無かったでも楽しかったからいいんです。

 

▼朝。まずは仙厓さんのお墓参りに聖福寺開山堂へ。西門から入ります。

f:id:konai1229:20180805002158j:plain

 が、入ってすぐに注意書きに『撮影禁止』の文字が…。がーん。最初気づかずにちょっと写真を撮ってしまったのですが、ここには載せないでおきます…。

 

▼幻住庵の説明看板。これも撮っちゃだめだったでしょうか?

f:id:konai1229:20180805002402j:plain

 この看板のすぐ横に幻住庵の山門があり、しばらく立ち尽くしたり、中をのぞき込んだり周囲をキョロキョロしたりとちょっと挙動不審な動きをしていましたが、朝早くて人通りも少なかったのでセーフ。

 幻住庵の中にある虚白隠という庵が、聖福寺住職を退いた仙厓さんの暮らしの場でした。現在美術館などで見られる仙厓さんのゆる~い禅画のほとんどはこの虚白院で書かれたものです。

 仙厓さんはここで書や絵をかいたり、畑仕事をしたり、草むしりをしたりしていたんだなぁと想いに耽ります。

 

▼仙厓さんのお墓

 仙厓さんのお墓は聖福寺開山堂の裏にひっそりと有ります。

 お墓の前には灯篭が立っています。この灯篭は、仙厓さんと親交のあった街の人々がお金を出し合って建てたもので、寄進者の名前を見ると、仙厓さんの禅画や伝えられている逸話に登場する人々の名が刻まれていました。

 仙厓さんの事を、街の人たちも大切に想っていた証拠ですね。

 

▼湛元さんのお墓

 仙厓さんのお墓の斜め向かいに『湛元和尚』のお墓も有りました。湛元さんは仙厓さんの愛弟子で、優秀だけど問題児でもあった湛元さんと仙厓さんの師弟エピソードがいくつか残っています。

 湛元さんは仙厓さんから聖福寺の住職の座を任されてから26年後、とある事件から筑前大島へ流刑に処されました。そんな経緯もあって、なんとなく勝手に聖福寺にお墓は無いと思っていたんですがちゃんとありましたね(ごめんね湛元さん)。

 

聖福寺正面。

f:id:konai1229:20180805005022j:plain

 聖福寺は観光寺ではないので、境内の散策は出来ますがお堂の見学などは基本できません。立派な博多塀とか、仙厓さんがいた当時からある鐘楼とか、写真撮りたかったけど我慢です。

 

▼『これくふて御茶まひれ』の電柱。

f:id:konai1229:20180805005546j:plain

 ひとつ上の写真の山門の正面の道(T字になっている)を大博通り方面へ少し行くとこんな電柱があります。博多の町中にこのようなプチ歴史案内が書いてあって面白いです。

 

▼JR博多駅から、特急ソニックに乗って北九州へ。

f:id:konai1229:20180805010608j:plain

  いつもならケチって乗らない特急も、せっかくだからと乗ってみました。電車旅楽しい。途中の小倉、門司あたりで雨はひどい土砂降りに…。

 

出光美術館 門司。

f:id:konai1229:20180805010915j:plain

 出光興産の私設美術館で、創業者出光佐三のコレクションを中心に展示されています。東京の有楽町にある出光美術館の姉妹館的な?

 東京の出光美術館との違いは、こちらの門司には『出光創業史料館』という出光の社史を学べる展示室があります。

 

出光佐三と仙厓さん。

f:id:konai1229:20180805011416j:plain

 出光佐三は学生時代に父親に買ってもらった『指月布袋図』をきっかけに仙厓作品を収集するようになり、それらは今では最大の仙厓コレクションとなりました。「金は出光 目は三宅」といわれるほどに、その財力をもってとにかく沢山買い集めた…のかな?(※三宅とは、仙厓研究家の三宅酒壷洞氏)

 こちらの資料室にも特別展にも仙厓さんのものは何もありませんでしたが、出光さんのことをちょっと知ることができました。

 

▼博多へ戻り、石村萬盛堂須崎本店へ。

f:id:konai1229:20180805013034j:plain

 博多の老舗和菓子店『石村萬盛堂』の二代目社長であった石村善右もまた仙厓に魅せられたひとりであり、多くの仙厓作品が福岡市美術館に石村コレクションとして寄贈されています。

 

▼仙厓さんのお菓子。

f:id:konai1229:20180805013905j:plain

 善右氏は多くの人に仙厓さんの事を知ってもらうために『仙厓さん最中』を売り出したそうです。プラリネクリームを挟んだ洋風せんべい『仙厓さんせんべい』も有ります。以前ネットか何かでパッケージに虎図を用いたとらやきもあった気がしますが、売っていませんでした。

 

▼店内では仙厓グッズが売られています。

f:id:konai1229:20180805013934j:plain

 図録まであるとは知らなかったので嬉しい誤算。

 石村コレクションは、特に仙厓さんと博多の人たちとのふれあいを感じさせる作品が多くあります。上の写真にちょっと写っている「吹け吹けぷぷぷ」と凧揚げする子供の絵もとても可愛くて和みますね。

 

 この日はこれで終了。

仙厓めぐり・初めての福岡編3(『白隠さんと仙厓さん』展と太宰府) - konai1229’s blog

仙厓めぐり・初めての福岡編1(九州上陸)

 2018年1月1日~2018年2月12日まで、九州国立博物館で特別展示『白隠さんと仙厓さん』が開催されました。

www.kyuhaku.jp

 

 福岡…仙厓さんの聖地!(あ、オタクはゆかりの地をこう呼びます)

 初めての九州。もちろん聖福寺にある仙厓さんのお墓参りもしたいし、石村萬盛堂にも行かなきゃだし、九博のある太宰府だって仙厓さんがよく訪れた場所…福岡だけでも行きたいところがたくさん。1月某日、3泊4日の日程で行ってきました。

 

1日目(福岡入り)

 夕方の便で羽田から福岡へ飛んだので実質この日は移動だけで終わらせましたが、博多駅からホテルまで移動する間に聖福寺があるので、夜道をワクワクしながら歩きました。

 

博多駅

f:id:konai1229:20180804232846j:plain

  大好きな仙厓さんが大好きだった博多の街についにやってきたぞ!とひとりでテンション上がってました。小雨が降りだしたけど気にしない。

 

▼安国山聖福寺。仙厓さんのお寺。

f:id:konai1229:20180804233203j:plain

  真っ暗で何も見えません。でもここに来られたことが嬉しくて暫くボーっと立っていました。

 

▼夜ごはんに食べたウエストのうどん。

f:id:konai1229:20180804233807j:plain

 博多といえば豚骨ラーメン、ではなくうどんだと福岡出身の友人しえろ氏に教えてもらった。博多の地を踏めた嬉しさで食欲が減退していたので、柔らかい麺と優しいおだしの味が胃に嬉しかった。

 

▼ホテルの目の前は聖福寺

f:id:konai1229:20180804235209j:plain

 土地に明るい人ならすぐバレそうですが、とにかく聖福寺に一番近いという理由で選んだホテル。良い選択でした。

 

【翌日に続く】

仙厓めぐり・初めての福岡編2(聖福寺と出光と石村) - konai1229’s blog

はじめに

 仙厓義梵(せんがいぎぼん)は、江戸時代後期、博多の聖福寺という禅寺の住職をつとめたお坊さんです。その書画はゆるカワな作風で知られ、その人柄も相まって生前から現代までたくさんの人を虜にしてきました。

 かくいう私(『こない』と申します)も仙厓さんのことが大好きで、2016年に東京国立博物館で開催された禅展で初めて見てから、その作品や生涯を調べるうちにどんどん深みにはまってしまいました。

 このブログでは仙厓さんの展覧会の事やゆかりの地探訪の記録、こない目線から見た仙厓さん語り(ひとりごと)、どうでもいい日記などを書き留めていこうと思います。

 

 不定期更新、書きたいときだけ書くスタイルなのですぐ放置状態になる可能性が高いですが、仙厓さんについて「仙厓さんの事もうちょっと知りたいな」と思った人の足掛かりになれたらいいなと思います。